ブログトップ

KY no BLOG

yujyujyu03.exblog.jp

欽ちゃん球団

極楽山本の不祥事で「解散します」と言ったが
「やらせてくれ」と撤回した欽ちゃん率いる茨城ゴールデンゴールズ

でも、正直どうでもよい。
少なくともオレは前からこのチームが気にくわなかった。
確か立ち上げた時は、ちょうどライブドアや楽天が新チーム参入をもくろんでた時期。
プロ野球が金で動かされていた時に、野球の楽しさを取り戻すために作られた。
女性選手を入団させたり芸能人や元プロ野球選手をスタッフに入れたりなど話題性に富んだ。

でも、それが野球の楽しさなのかと疑問。
これが草野球ならば分かるけど、しっかり社会人リーグの所属し
チームには今でもプロを目指している選手が多い。
なのに試合では欽ちゃんがマイクパフォーマンスを絶えず繰り返す。
相手チームの気持ちを考えているのだろうか。
試合中ベラベラうるさい環境の中で集中して試合に臨めるか。
もう試合というよりはショーに近い。

スポーツの楽しさっていうのはどんなレベルでも真剣勝負の中にあると思う。
思いっきり戦うからこそ勝ったり負けたりが楽しい。
勝ち負け以外でもその一生懸命な姿勢が見てる方は楽しい。
それを大物芸能人のやりたいような形式で勝手にふりまわせる選手が可愛そう。

社会人リーグでより好成績を目指すなら欽ちゃんばっかに頼らず
地域として愛着があるなら書名だけじゃなく金出すスポンサーとか出てくればいいのに。

マスコミも欽ちゃんていうビッグネームに乗っかってちやほやしすぎ。
なんで欽ちゃんがかわいそうみたいになるの?
しっかりチームとして管理する人とかチーム形態に問題があったて思わないのかい。
確かに山本が一番悪いけどチームの責任は当然ある。
代表が責任とって解散なんて高校野球レベルでもあるでしょうが。

とりあえず今のままじゃ社会人リーグで優勝なんて無理でしょ。
あんなの野球じゃない。スポーツじゃない。ただお客さんを楽しませるだけのショーだ。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-07-23 02:44

将来、W杯、そして今

とりあえず報告から。
ようやく来年の進路が決まりました。まさか自分が不動産業界に進むとは正直思っていなかったけど、就活を通して思ったことはサラリーマンってかっこええ。仕事をするって大変だけど責任とやる気に満ち溢れている。自分は今心から働きたいって思える。でもそのためには残りの学生生活で成長しなければいけないことも実感。
ともあれ決まって何よりです。これでようやくみんなに追いついた気分。ここでお礼。自分をいつも楽しい雰囲気で囲んでくれたDANANのメンバー、都市計のメンバー、大学のメンバー、懐かしい声で支えてくれた昔の親友たち、グチを聞いてくれた⑦、そして辛い時期に色々と迷惑をかけた家族に心より感謝の言葉、「ありがとう」


次、W杯。
日本が負け世界との差を痛感したW杯もあとわずか。ベスト16は番狂わせなしの強豪国がズラリ。一次リーグ圧倒的の強さだったスペイン、アルゼンチンが破れ、絶対的な優勝候補と言われたブラジル、イングランドも敗れた。そして昨日、とうとう開催国のドイツも準決勝で敗れた。
ブラジル、イングランドは正直何もできていなかった。攻撃のチームだがその攻撃もチグハグ。ロナウジーニョにいたってはバルセロナのような活躍の片鱗も見せれないまま去っていった。恐るべし「バロンドールの呪い」。
イングランドはベッカムの存在感が際立った。キックの精度はもちろん戦う姿勢を見せた本物のキャプテンだった。なんで監督はFWを入れなかったんだろう。17歳を入れたが結局は一試合も出場せず、オーウェンが怪我をし、実質FWは2人だった。勝っていったチームは切り札を2枚もしくは3枚を持っていた。そこを楽観視した監督の選手選出が敗因か。。。期待していただけに残念。
この後ポルトガル対フランスだけど、ここまできたらフランスに期待。ジダンに有終の美を。サッカーて基本的に遊びでありスポーツだけど、このまえのジダンのプレーには芸術を感じた。特にすごいシュートを決めたわけでもなく、スピードに乗ってドリブルでスイスイ抜いていくわけでもないのに、鳥肌がたった。最後にもう一度ジダンに魅了されたい。
また総括は次回の日記で。


そして今。
色々やりたいことがある。行ってみたいとこもある。考えることもある。
就職活動を行ってた時期、振り返ると、大変だったなぁと痛感する。なかなか進路先が決まらず、投げやりになったことも数知れず。身内の不幸で多くの人に迷惑をかけ支えてもらった。
自分は幸せモノなんだ。多くの人々に囲まれて笑って泣いて汗かいて酒飲んで。
残りの学生生活、思いっきり楽しみたいと思う。楽をするて意味じゃなく大変なことにも積極的に取り組んでいこうと思う。何事も思いっきり。そうすれば何でも楽しくなれる。そういう最高の環境に自分はいるんだから。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-07-06 02:47

はかなく散った日本

決勝トーナメント進出をかけた日本対ブラジル戦。結果1対4の完敗。敗因さえ見つからない実力差。でも戦う姿勢は3試合で一番見れたかな。印象的だったのは前半ロスタイムに追いつかれて怒りで興奮気味の川口を最年長の土肥がなだめていたシーン。第3ゴールキーパーという位置付け。紅白戦では人数が足りない時フィールドプレーヤーとして参加。土肥ファンからしたらこの上ない屈辱だけど、土肥自身はそんな形でもチームに多大な貢献をしてきた。そんなベテランの偉大さを垣間見えたシーンに感動した。玉田が決めたゴールからロナウドが同点にするまでの12分間は夢のような時間だった。

世界のトップとの差は歴然だった。すべてが違う。ドリブル、パス、トラップ、シュート。0コンマ何秒の差が大きな差になる。例えば、パス。日本の売りはパスワークなのにミスばかり。ブラジルだってパスミスはあるけど、決定的なミスは明らかに少ない。良い形でボールを持ってカウンターチャンスにミス。中盤だけの責任ではない。チーム全体のパスの質が低い。

そして一番感じたのは「緩急」ブラジルは決して速いチームじゃない。スピードは確かに日本の方があるかもしれない。日本が後半に足が止まるのは試合の中で緩急がないから。ボールを取ったら、とにかく前へ速攻(結果焦ってパスミス)。常に一定のペースで走りっぱなし。ブラジルはスピードの緩急が明らか。何本かゆったりパスを回して体力蓄えて、ここぞという時にスピードアップしてくる。そのスピードアップによって攻撃がより速く見える。変化球を投げ続けて急に真っ直ぐを投げると、球速は大したことなくても速い球に感じる。そのギャップがブラジルの攻撃を効果的にしてる。

ジーコが戦犯にされるのは前言った通り代表監督の義務。歴代の代表監督は日本のサッカーの歴史でもあり戦犯と言われても日本サッカーの功労者である。そういう意味でジーコも十分功労者。何より「主体性」というサッカーの醍醐味を尊重してくれた手腕は新たな開拓だった。しかし結果が出なかった。まだ日本はジーコの求めるレベルではなかった。まだまだ戦術で組織で世界に対抗していくレベルなんだと思う。だからと言ってジーコが的はずれだったわけではない。必ず何年後に今回のジーコの教えが活きてくる時が来るはず。

ブラジル戦の前のブラジル選手は、口を揃えて「ジーコが」「ジーコは」と言っていた。ブラジルはジーコにしか警戒してないように思えた。試合前から完全に見下されていたのではと思う。監督は選手時代のブランドではできない。次の監督は誰になるのか、協会にはしっかりとした人選をしてもらいたい。

あとは若手の育成。他国は18~22歳でレギュラーの選手がいっぱいいる。日本は一番若いのが駒野で24歳。ここを転機に若手を育てないと世代交代に失敗する。いつまでも中田英寿、中村俊輔、黄金世代に頼っていてはいけない。

日本サッカーは今が正念場。日本が負けたからワールドカップはもう見ないと言わず、ハイレベルな決勝トーナメントを見て世界はすごいと感じてほしい。

とりあえず今はオーストラリアと韓国に頑張ってもらってアジア枠を維持してもらわねば。

お疲れ、ジーコジャパン。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-06-23 16:53

キーパーソン

とうとう明日はクロアチア戦。
個人的に明日のキーパソンはこいつらだ!!

・小笠原満男
 なんてたってW杯初スタメンだ。
 前回大会は5分くらいしか出れなかったし。
 あとは同郷って期待も込めて。
 やっぱ中村、中田はガリガリ削られる予想が高い。
 だからこそマークのゆるい小笠原が決定機を作らなきゃいけない。
 魅力は今求められる貪欲なシュート。ガンガン撃っちゃえ!!
 後半に小笠原が厳しくなれば逆に中村、中田が生きるしね。
 あ~やべぇ。勝てそう。

・加地亮
 ようやく捻挫が治ったよ。よかったよかった。
 中田が言ってたよね「走らなきゃ始まらない」
 「走る=加地」でしょ!
 90分右サイド走りっぱなしだから。
 ハンパない体力。マジ尊敬。
 もう迷わずガンガン仕掛ければいいんだよ。
 センタリングはいつものフワッとは厳しいから。
 ニアに早いボール、意表ついたゴロとか効くのでは!?
 そして意外性のある強力なシュート頼む!!

・宮本恒靖
 ココだよ、ココ。176cmの小柄でドデカイFWとの1対1。
 DF出身からするとね、体格差は確かにきつい。
 色んなところで不利があるのは事実。
 でも常に体で止めるだけがDFじゃないのよ。 
 頭をすごく使う「読み」ってやつ。
 この点で勝負するべし。
 実際shun-footsalarさんは160cm台の体で
 185cmとかのFWを何度も封じてきたぜ!
 ツネさまは同志社大卒業。
 英語はペラペラ、仏語も多少話せる。
 学歴なら出場選手1なのでは?
 がんばれ、ツネ様!ここ、正念場!!


さんまさん、日テレとフジ、どっちにも出てるよぉ、すげぇな。

  
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-06-17 21:42

「誰が悪い?」「いや、みんな悪い」

まぁサッカー馬鹿のオレだから当然ワールドカップの話。
豪州戦後、マジ激論だったからね。お互いの意見のぶつけ合い。
価値観の違いだから、言ってもしょうがないけどね。
でもお互いの意外な性格も分かる新発見もあるし。
人間っていうのはヒトの考えを自分の考えで変えたいって思う生き物だから、
みんな一歩もひかない。「折れたら負け」的な雰囲気。

じゃあこっからオレの言いたいこと言わせてもらおうかな。

「サッカーは点取らなきゃ勝てん」
中村の疑惑のゴールのみ。決定機は福西と柳沢、高原一回ずつくらいか。
シュートまで行かないし、打てる時に打たない、打っても中途半端なシュート。
他の試合を見てて、何が違うのかってシュート力とかあるかもしれないけど、
やっぱゴールに向かう姿勢、気持ちが違う。「闘志」っていうのかな。
その世界を知っている中田でさえシュートをなかなか打たなかった(厳しいマークにあってたのは事実だけど、、、)でも中田が人一倍選手と自分の意見をぶつけてきたのは、自分の経験をぶつけることで他の選手に伝えたかったからだと思う。あんだけシュート練習してた中田の姿を見てるはずだしその中田がマークされてるってことは、「ヒデさんがマークされてる。てことはオレが上がってシュートを打たなきゃ」ていう意識を高めてもらいたいんだよ。

そもそもこの話は日本人の性格にまで広がっちゃうけど、日本人は自分が主役になろうとしない。点取るよりもいいアシストをすることに喜びを感じる人が多いんじゃない?実際フットサルではオレもそうだしね。
でもやっぱ打たなきゃ!3失点されても4点取ってれば勝てるんだよ。サッカーは他のスポーツと違って1点の重さが格別だし、その1点が試合の流れに与える影響力もハンパじゃない。
世界との差はやっぱその点取るっていう気持ちなのかなって思う。


「1人が戦犯ではない。チーム全体が悪い。」
よく聞くのはジーコ、駒野、川口とか。確かに彼らは決定的なミスを犯したかもしれない。
ジーコは采配がよく分からないし、駒野は3失点目のDFの仕方をミスった。川口はロングスローに飛び出して触れずゴールを空けてしまった。
でもさ、全員悪いよ、多分。全員叩かれるべき。出た選手の悪いとこはみんなあるぜ。
例えば高原、何でドイツ戦みたいな積極的にシュート打たないの?
柳沢、点取るって言ってたのに何でパスする?
中村、ここでパスミスとかされるとチームが乗らない。
言ってったらキリないよ。だからチーム全体の責任。1人が戦犯になる試合はよっぽど。例えばW杯かかった試合で決めればW杯決定のPKを外すとかね。メディアは話題づくりでジーコを集中砲火するけど、それはメディアの仕事だし批判を受けるのも代表監督の仕事と責任。

プロは結果だからね、結果が全て。頑張ってたとは思うよ。でもそんなのは当たり前中の当たり前。そんなレベルの話じゃない。頑張った上に死に物狂いになって勝利をつかむ。そういうレベルだからこそ日本の何百万人、何千万人が熱狂する魅力があるんだよ。頑張ったからいいじゃんなんていうのは可笑しいと思うな。だから川口が頑張ってたけどやっぱミスったから叩かれるべき。他のキーパーならいっぱい取られた?もしかしたら0失点だったかもよ。
本当に日本が強くなりたいなら、厳しいファンが増えなきゃいけないと思う。この前の試合なんかブーイングしていい試合だと思う。ファンが厳しいこと言って選手が傷ついて調子落とすとか思うか?厳しいこと言うファンと、「頑張れ。次々」て励ますファンが同数くらいなることを望みたい。どんなファンでも「応援している」ということ意味では気持ちは一緒さ。


やばいやばい、書いてったら止まらないわぁ。
とりあえずクロアチア戦、勝つべし!遠めから打つ姿勢を見たい。
ブラジル戦、勝つべし!歴史変えてみてもいいんでは?今の日本代表がMAX調子が良い時は、どことでも互角に戦える力があると信じてる。
どうせ当日になったらみんな「勝ち」を信じて応援するんでしょう?
だったら今からこっから2連勝を願おうじゃないか!!
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-06-16 06:11

いい酒

おとといはゆーすけとMすたの引越し。
おそらくつくば内での引越しは最後だろうなぁ。
だから思いっきり手伝ったぜぃ!無事終わって何よりですた。

夜9時からお疲れさん飲み会。
今日はみんな自転車or徒歩で飲む気満々。
一次会はくだらない話でゲラゲラ笑いっぱなし。
Mすたは早くも血豆に、そして終盤トイレに。
いじり合い、いじられ合い、、、笑いすぎて腹筋鍛えた。

二次会は打って変わってDEEPな話も。
オレが「普段言えないこと言っちゃいましょう、乾杯!!」
なんて言っちゃったもんだから。
バイト、将来、恋愛、人間関係、フットサル、噂話、、、
そして泣き出すやつ、鼻血出すやつ、寝るやつ、褒めまくるやつ
みんな色々考えてるんだなぁ。そしてお互いをよく見てる。

その後家に来てドイツ戦を見た!その模様はmixiで。

今度は飲み放題がいいなぁ。せっかくご近所に引越してきたわけだし。
nakunaiは頑張っておいで。
こんな楽しい日々とバカな連中を大事にしていこうと思ふ。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-06-01 05:38

「信念」

もし
 あなたが敗れると考えるならあなたは敗れる
 あなたがどうしてもと考えないなら何ひとつ成就しない
 あなたが勝ちたいと思っても、勝てないと考えるなら
 あなたに勝利はほほえまない

 もし
 あなたがいい加減にやるなら
 あなたは失敗する
 我々がこの世界から見出すものは
 成功は人間の意志によってはじまる
 すべては人間の精神状態によって決まるということだ

 もし
 あなたが脱落者になると考えるなら
 あなたはその通りになる
 あなたが高い地位に上ることを考えるなら
 勝利を得る前に、必ずできるという信念を持つべきだ

 人生の戦いは、常に強い人、早い人に分があるのではない
 いずれ早晩、勝利を獲得する人は
 俺はできるんだと信じている人だ
                        ナポレオン・ヒル


いい言葉です。
今日「スーパーサッカー」での中村俊輔特集で直筆のノートに書かれていた言葉。
強く自分を信じるって大事なことですね。
自分を信じなければ人には信じてもらえません。
自分を好きにならなければ誰からも好きになってもらえません。

オレ、自分好きになります。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-05-21 02:25

23人のメンバー


とうとうジーコの口から23人のメンバーが発表された。
ミクシィではがんばれ!的なメッセージを書いたけど、冷静にメンバーから感じたこと。

・「平均身長178cmのDF陣」
  サプライズが無かったDF陣はいつもの面々で感じ。
  でもやっぱり感じちゃう身長の低さ。
  180cm台は中澤と中田浩二のみ。
  対戦相手のFWは大型選手ばかり。
  またセットプレーで相手の180、190台の選手を止めれるか、、、
  やはり松田、箕輪、闘莉王、岩政、茂庭。
  このうちの誰かを入れる必要があった、、、て話にならないことを願うあまり。

・「FWは納得」
  みんなの久保じゃなくて巻が入ったことに驚いた、もちろん自分も。
  でも振り返ると最近の久保は調子が悪かった。
  今年に入って「5月までに調子が戻れば・・・」てことで使われてたけど
  なかなか調子が戻らないし、シュートを打ちにいけない。
  昔のパフォーマンスがすごすぎたから求めるレベルも上がってしまった。
  それに比べて巻は体が丈夫、高さがある、運動量もある。
  久保にあるものも持ってるし、ないものも持ってる。
  単純比較でも今の久保と巻じゃ巻の方が戦力として考えれるし。
  
  寿人は素晴らしいと思う。でもやっぱりちょっとブレイクが間に合わなかった。
  1年早かったら大黒じゃなく寿人が日本の救世主だったかもしれない。
  今後の活躍のますます期待。


んでもって1番言いたいのはこれ。
   
     「アテネ経由ドイツ行はどこに?」

  松井大輔が外れたのは驚き。
  だって中盤見てみると、中田英、俊輔、小野、福西、稲本、小笠原、遠藤。
  みんな上手いけどパサーがずらり。
  ここで松井が入ることで違うリズムが生まれると思った。
  今年おそらく欧州で一番安定したプレーを見せていたのは松井だったと思うし、
  25歳ていう年齢で出場することで今後は松井を軸に作れるはずだった。

  そもそもアテネ勢で入ったのは駒野のみ。
  加地のバックアッパーとして選出されたが出場機会は少ないと思う。

  アテネ世代でもジーコに呼ばれた選手はいた。
  大久保、田中達、今野、阿部、石川、茂庭。
  呼ばれなかった選手でも闘莉王、平山、那須、徳永、森崎、前田。
  良い選手はいっぱいいる。

  ここで心配なのが4年後の2010年南アフリカW杯。
  中田英は今回のドイツで代表からの引退を示唆してるし中村も32歳。
  小野、小笠原、遠藤、稲本、高原などの「黄金世代」も30歳。
  宮本、中澤も33歳、32歳。川口、楢崎も35歳、34歳。
  アテネ世代が中心になる2010年、彼らは27、8歳で初めてのW杯となる。
  このような世代交代の遅れが心配でならない。
  1998年には中田英、小野が20歳、18歳で出場し
  2002年には平均年齢が24歳くらいの若いチームで挑んだ。
  スムーズに世代交代を行うためにもやはり松井、茂庭は入れてほしかった。
  他の選手は分からないがこの2人は実力では全く劣ってないのだから。

  W杯が終わったらこれからも次のメンバーに一喜一憂していこうと思う。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-05-17 02:14

我が人生

自分はもうすぐ23歳です。正直心は17歳くらいで止まってる気がします。
ふと思った。「昔ってどんなんだったけ?」と。
つうわけで振り返ってみよう。我が人生。

中学時代、自分の周りは個性的というか我の強い連中が多かった。
しかも市内でも有名なガラの悪い中学だったんで、もうケンカなんか日常茶飯事。
部活でも先輩の後輩いじめは当たり前だった。
何故か自分は、背がでかかったせいか、あまり目をつけられず仲良くさせてもらってたな。
でも居心地は良くなかったす。そん時は自分の言いたいことをあんま言えない環境だったからね。部活も明らかに自分の方が実力が上でも先輩を必ずスタメンに入れるていう意味不明の采配に嫌気がさしてた。だって上級生との試合でもうちらが3対1くらいで勝っちゃうんだもん。
そんな中勉強だけは頑張ってた。理由は多分、とりあえず成績良い方が良いていう考えから。
そんで周りとは離れた新学校に入学しあまり楽しくなかった中学におさらば。

高校時代、そもそもこの高校を選んだのも自分が狙える新学校だったから。
まぁここで周りの関係が全部リセットされたから思いっきり自分を出せたわけよ。容赦なく。
ここで色んな影響受けた人間と出会った。まぁ1番にはshunだろうけど。
あれだけ長い時間を共に過ごしたのは、今考えると気持ち悪いくらいだが、1度もケンカらしいケンカもなく2人と周りの連中でバカやってたなぁ。その他にも個性が強すぎる連中と意気投合して毎日笑っていた気がした。楽しかったなぁ、あの頃。教師はFUCKだったが。
良い親友と良い部活仲間、良いクラス仲間、良い男友達、良い女友達に恵まれた3年間。
そんな中でも勉強は頑張ってたなぁ。もう成績が悪いのが許せない体質になってたんで、部活との両立も苦じゃなかった。そして進路決め、いずれ入学する筑波大学を志望したのは、別に社会工学に興味があったわけでも都市計画を学びたかったからではない。聞いたことある大学の中で「筑波」て響きが1番好きだったから。本当にコレだけ。ちょっと調子乗ってたから、推薦、センター失敗。2次での挽回も虚しくはかなく桜は散り浪人生になる。

浪人時代、初めて親元を離れ男子寮暮らし。日韓ワールドカップを機にむさ苦しい男の集団結成。文面ではとても書けないような笑いで、笑い転げてた毎日。それでも失敗を糧に必死の勉強。おそらく1番勉強した1年だろう。今考えると予備校ってマジ受験のプロ。高校で学んだことの半分は無駄知識だった。だからただ単に大学に入るだけが目的のやつは、予備校に行け。
2度目のセンターはど緊張で震えたぉ。2度目の方が緊張したけど、緊張に負けずやるだけやって、まぁまぁの結果を残し2次に受かりめでたく浪人生活は桜が咲いて終ったぁ。

そして大学、実は自分入学式の前に、もうサッカー同好会に行ったんです。多分新入生の中で誰よりも早くサークル行ったんじゃないかな?でも何回か行ったが雰囲気合わずに自然消滅。大学の講義は経済系の授業が多く何がなんだかサッパリ。つまんねぇと言いながら2年が過ぎてしまった。マジ面白い友人に囲まれて嬉しい限りなんだが、大学で何やったと言われればノーコメントで応えてしまうような感じ。専攻に分かれてちょっと都市に興味を持ちはじめる。が決定打に欠ける。そして就職活動、いくらか業界を見てきたが、自分がやりたいことは違う気がするという感情が付きまとっている。

自分に対する反省、それはもうちょっとしっかりした決断をしてから行動すること。勝手に自分の進んできた道の中でしか考えれないように、勝手に縛ってきてる気がするのだ。せめて大学の選び方はもうちょいしっかり考えるべきだったかな。別に大学だけが全てじゃない、専門学校だってあるし高卒で働くてことを少しも考えなかったからなぁ。ちょっと今専門学校いいなぁて思ってる自分もいるしね。もともと決断力に欠ける自分、もっとある程度の強い意志を持ってから行動するべきだなぁて実感。

でも決して筑波に来て嫌だったとかはないよぉ。自分の気持ちの持ち様では本当に素晴らしい環境だと思えるし、活かしきれなかった時間が多いことに後悔。
何しろ共に笑って共に悩める仲間ができたことは本当に嬉しいことだと思う。
だから残りのつくばでの生活、しっかりした1つ1つの決断でぶつかって楽しんで悩んで笑っていこうと思うのだよ。こんなにいっぱい悩んだ時は無いし、こんだけ悩んだから自分の気づいてないところで成長してるはずだし。


うわ、長い日記になったな、おい。
全部読んでくれた人、感謝します☆
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-04-27 06:29

日本の中盤

久々にジーコJAPANについてベラベラと述べようかな。今日は日本の核となる「中盤。」
フォーメーションによって出場できる人数が変わるけど、まぁ個性的な選手が多い中盤。
誰が出てもそんなに差はないと思うが、FWがなかなか点が取れない現状では中盤にも点が求められている。中盤のメンバーはおそらく7~9人。候補は以下の12人かな。

・中田英寿・・・説明する必要ないっすね。王様ヒデ。プレーの特徴は強い当たりに耐えられる体を生かしたボールキープ&キラーパス。そんで強烈なミドルシュート。プレー以外でも経験、リーダーシップ、存在感など本当の意味でのチームの「核」。

・中村俊輔・・・日本のファンタジスタ。左足から繰り出すパス、ドリブル、シュート、FK、CKは世界トップクラス。だいぶ体もがっちりしてきたしね。チームでは中盤の右で使われているけどなかなか面白い。誰もが認める日本の司令塔

・小笠原満男・・・日本No.1ゲームメーカー。派手さはないけどボールキープと一本のパスで決定機を作れる視野の広さが持ち味。FKの精度も俊輔に次いで高い。意外と知られてないけどディフェンスがものすごく上手いんです。すっげぇ負けず嫌い。

・福西崇史・・・大型ボランチ。さわやかな顔してやることは粗い。海外の選手に負けないボディコンタクトでボール奪取能力が高く、元々はFWだから得点能力もあってヘディング強い。物怖じしないメンタルの強さも魅力。女性人気高し。

・小野伸二・・・日本が誇る天才テクニシャン。両足から繰り出す優しいパス、華麗なテクニック、ダイレクトプレーなどセンスはピカ1。怪我が多くてコンディションが上がらないけど、ベストコンディションになって閃きを放つ時、大会全体の主役になる可能性もある。

・稲本潤一・・・前回大会のヒーロー。海外選手を吹き飛ばすシーンはスカッとさせてくれる。意外とテクニシャンでもありゴリゴリとしたドリブルと豪快なミドルシュートをもつ。福西と争っているけど、まだまだ分からないなぁ。やっぱ前回の再来を期待しちゃう。

・遠藤保仁・・・THE・ボランチて感じのボランチのお手本です。本当にミスが少なくどの選手とも相性がいい。途中出場でも試合全体を落ち着かせられる数少ない選手。短期決戦で焦っている時とかに必要で、ジーコがいつも選出するのもそのような能力を買っているからだと思う。

・松井大輔・・・フランスで大きく成長したファンタジスタ。簡単なプレーと華麗なプレーとのメリハリが出てきて華麗なプレーがより有効的になってきた。ドリブル、パス、シュートと高水準で切り札的存在に。個人的にはすげぇ見たい。

・本山雅志・・・代表ではスーパーサブとして力を放つテクニシャン。切れ味鋭いドリブルとアシストでチームでは中心だけど代表だと途中出場がほとんど。中盤だけじゃなくツートップの1角もできる起用さがある。

・阿部勇樹・・・日本ではトップクラスのフリーキックを武器とするボランチ。守備能力も高く攻撃のタイミングもいい。五輪の時はセンターバックもやってたから宮本の控えとしても使えると思うんだけどな。ジーコさん、どうですか?

・長谷部誠・・・候補では最年少のセンターハーフ。ボディバランスがよくドリブルも上手い。パスも上手くシュート精度も高い。「活かす」ことも「活かされる」こともできる選手。次世代の中心選手になることは確実っしょ。

・今野泰幸・・・日本のマケレレと勝手に命名。90分、いや120分でも運動量が落ちないスタミナとボールを取る能力はかなり高い。ルーズボールの拾い方も上手く、稀にすげぇゴールを決める。ロナウジーニョにマンマークとか面白そう。


にしても良い選手がホントに多いなぁ、中盤は。誰でも出場してるところを見てみたいけど、、あぁ選ばれそうなのは

    中田英、 中村、 福西、 小笠原、 小野、 稲本、 遠藤、 松井

こんな感じだろうね。阿部も今野も長谷部も見たいんだけどなぁ。次回を考えて3人のうち1人くらい入れてもいい気がするけど。
でもさ、これまでいつもメンバー落選て大きなニュースになるじゃん。98年なら名言とも言える「外れるのは、北澤、カズ、三浦カズ、市川」とか02年なら俊輔落選とかさ。このままだとちょっとサプライズがなさ過ぎるもんね。まだまだメンバーがどうなるかは分からないさ。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-04-24 03:52