ブログトップ

KY no BLOG

yujyujyu03.exblog.jp

ちょっとムカツく

めざにゅ~で「めざにゅ~」て言う東京の若者カップル
[PR]
# by yujyujyu03 | 2007-03-06 04:32

いざ「新世界」へ。

4月からの住まいも決まり社会人としての日々が近づいてきていることを実感する今日この頃。
これからは自分の生活を自分で支えていかなければならない。
そして後々は家族を自分が支えていかなければならない。

誰もが背負わなければならないプレッシャーだけど
新しいことに対しては必ず期待と不安が入り混じる。

引越しの準備をしていたら会社のSPIの結果が出てきた。

基本的な特徴
・・・高い理想を掲げ、あれこれと考えをめぐらしながら物事をゆっくりと進めていこうとするタイプである。状況に合わせて明るく振舞うこともあるが、ときに些細なことでくよくよ思い悩むなど繊細な面ももっている。対人面では概して控えめで、思慮深くしっかりした印象を与える場合が多い。

仕事面の特徴
・・・やりがいを求める気持ちが強いほうだが、対人折衝などあつれきをともなう仕事はあまり好まず、課題をじっくり進めていくことが求められるような場面で力を発揮することが多い。

啓発ポイント
・・・慎重なほうだが、先々のことを気にして判断が遅くなることがある。必要な場合には、時機を逃さず思い切りよく行動していく姿勢が望まれる。


こうまで的確に自分の内面が表れるとは正直驚きだった。
この結果が出てから6ヶ月、自分はどれだけ変わっただろうか。
以前よりは行動力はついたと思う。あれだけ消極的だった海外にも半年に2カ国も行った。
そもそも高校のときは街にすら遊びに行かないくらい行動範囲が狭かった。
時間と年を重ねるごとに少しずつでも自分の中での変化を感じれる。

でもそれでもやはり失敗を恐れる傾向は強い。
思い切りや決断力が欠ける自分の弱さを未だにぬぐえないでいる。
働き出す会社の人たちは本当に行動力があり人間的な強さを持った人たちが多い。
自分の無いものを感じたから入社を決めたが実際にその場に飛び込むのは勇気がいる。


少しずつ思い切りを得られていければと思う。
失敗は怖いけど誰もがするもので
小さい失敗をいっぱい繰り返して大きな成功を得られるのだから。
小さい成功を繰り返して大きな失敗に終わるよりは断然良い。
失敗と成功は紙一重と言うが大きさは同じなんだと思う。
どちらかを分割して得られてどちらかを一括で得る。

それなら失敗を分割で得て大きな成功を得る方が自分は良い。
「終わりよければ全てよし」この言葉を生み出した人は天才だと思う。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2007-03-04 07:16

泣ける。

今日NHKの夕方の番組で女優さんが海外のどっかの村に行く番組で

村のおっちゃんがええこと言うてました。


 泣いていいですんよ。
 
 男だって泣きたいときは泣いていい。

 ほら、涙を流し終わったらいつもと変わらない。

 必ず幸せになれます。

 ただ時間がかかるだけですよ。




何か太字とか使えるようになったんだね。

有効に使っていこうじゃないか。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2007-02-11 02:59

「女性は子供を生む機械」

最近ニュースで見るのはこの柳沢大臣の発言と
東国原宮崎県知事と風見しんごの仕事復帰くらい。

だいたいものの例えに過敏にキレすぎだって。
確かに女性からしたら腹正しい言葉だと思うけど
女性が機械なら、男性はガソリンなんだよ
機械と人間じゃ子供は産まれませんからね。

それをS民党のみなさんは
「柳沢大臣を辞任させるまでガンバロー!!オー!!!」
だってさ。バカだね、こいつら。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2007-02-01 05:54

涙。

 昔は泣き虫だったYuJyuです。
 何かできないことがあると
 スネて鼻をすすりながら
 涙をこぼしていた

 20歳超えてからだろうか。
 泣き方が変わった。
 鼻をすすって目を細めて涙をこぼすんじゃなく
 自然と涙がほほを濡らすようになった

 NY行ったときに
 テロの現場であるグラウンド・ゼロを見て
 自然と涙がゆっくりこぼれた

 泣き方からも自分はちょっと大人になってきたかのな。

   
     弱いところをね
 
     隠したり嘘ついたり

     しなくてもいいんやで

     弱い所も良い所も

     全部合わして
  
     あなたなんだからね

                   きむ

 
 冬の夜は何か泣きたくなる時間です。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2007-01-13 02:51

迎春

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
まだ会ってないヒトも多いのでまだこの挨拶を交わす日は続くでしょう。
今年から社会人になるYuJyuですが、これまでの自分らしく、新しい自分らしく
思ったことやグチ、悩み、喜び、幸せをココに書き連ねて行こうと思います。

今年一発目の日記は「夢」について。
初夢は数日前に見たサッカーの夢でした。

なぜか欧州のクラブチームでプレーをしている自分は
紅白戦のゲームで左サイドバッグでプレーをしていました。
相手はシュバインシュタイガーでした。
自分との実力差を痛感し苦しんでるときに目が覚めました。

大好きなサッカーが初夢ということで今年は良い年になりそうです。


寝ているときに見る「夢」ではなくて、憧れや目標などの「夢」
幼いときは「ボクはJリーガーになるんだ」と照れずに言ってました。
今思うとそんな風に堂々と宣言していた自分を
恥ずかしくも思いますがどこか誇らしくも思えます。

だんだんと年齢を重ねて社会を見て
いつからか目標が見えない時期が続き
大学進路を決めるときはこの点が非常に悩んでいた。
「何がしたい?」という明確なものが見えず
周囲から自分が遅れをとっていると自分を見下していた。


でも今の自分を一歩離れて思い返すと幸せな人生を送ってきたと思う。
家族に支えられて必要としてくれる仲間と笑えて不自由なく生きてこれた。
世界の貧しい国の人にとっての夢を、自分は自然と送ってこれているんだ。
周囲に恵まれず孤独を感じている人にとっての夢を、自分は自然と与えられてきたんだ。

夢を見れるということは幸せな人ができること
そして夢を見ている人は誰かの夢でもあること

今年は大きく環境が変わる年
今の仲間と離れて新しい出会いに溢れる年


     幸せな人ほど不満が出る

     人間には欲があるけど

     たまにはね、今ある幸せ
  
     数えてみたら両手両足じゃ
  
     絶対に足りんで。
 
                      きむ    



これからの夢は
これまでの出会った友人との仲を大事にすること
これから出会う人たちとの関係を良いものにすること
そして生活の中でふと「自分は幸せだ」と思える人間になること
[PR]
# by yujyujyu03 | 2007-01-12 09:45

朝まで日本サッカー応援宣言

毎年だったか4年に1度だったかテレビ朝日で放送される
  “朝まで日本サッカー応援宣言”

今年のW杯の惨敗からオシム監督の誕生、Jリーグに関してそうそうたる評論家の方々が
熱く議論を交わしていた。個人的には城、前園、小倉というアトランタトリオがもう解説者として出演していたところに時代の流れを感じた。


-W杯の惨敗

ジーコがもたらしたのは選手に考えさせるということ。
よくジーコが自由でオシムが組織という比較をされるが
本質的には「考える」というのは同じである。
そもそもサッカーは考えるスポーツであり
さらに言えばスポーツはすべて考えるものである。
だから別に考えることが珍しいことではなくジーコの時からも行われていた。

ジーコ時代には「黄金の中盤」をはじめ「国内組」「海外組」という
チームの中でカテゴリー分けするメディアが多かった。
その報道が全て正しいかは分からないが
報道されるということは多少なりとも近い実態があったのは事実

そもそも今回のメンバーは初顔合わせということではなかった
中田英、中村、小野、稲本、高原、柳沢、中澤、宮本、アレックス、福西、小笠原、川口、楢崎
トルシエの時から共にプレーしていたメンバーである。

トルシエの時との違いは精神的支柱となるベテランの存在である。
トルシエの時にはゴン中山、秋田という2本柱がチームを支えていた。
戦力的に見れ当時でもゴンや秋田より上手くて若い選手はたくさんいた。
でも彼らは“戦える”選手であり、それはピッチ上でも、ピッチの外でも。

中田英がブラジル戦の終わったあとに、センターサークルで横たわっていた。
でもその場に選手の誰も声をかけにこなかった。
あれがあのチームの内情を現れだったのかもしれない。

もしあそこに中山や秋田、もしくは三浦カズ
予選も戦った三浦淳、藤田のような存在が1人2人いたら、、、と思ってしまう。

そういう意味では田中誠のケガは痛かった。
3バックの右として不動だったが本職はスイーパーであるため宮本の代わりも務まった。
そして意外にも彼はチームのムードメーカーだったらしい。
しかも中田英とはアトランタからのメンバーてあったため彼の理解者でもあった。

ジーコは確かに選手としては偉大な選手であったが
監督としては経歴のない初心者
それでも「ジーコは神様だから」「ジーコならなんとかしてくれる」
そんなメディアにあおられて日本全体に楽観ムードが流れてしまった。
それでもアジアカップを連覇したり予選を初の1位で通過したり
最低限の結果を残してくれたことは評価できるし意味のある4年間だったと思う。

基本的に監督が誰でも日本代表の活躍を応援している自分
ジーコの時でも応援していたし奇跡的な勝利の瞬間は熱狂していた。
そしてやはりメンバーの技術や経験を見ると史上最強だったため
ジーコの最後の敗戦コメントが「フィジカルで負けた」「ウチにロナウドがいたら勝っていた」
という腑に落ちないコメントで終えたことに虚しさが残った。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-12-29 13:56 | sports

-あなたにとって、“家族”とは?

今日NEWS23のエンディングで
「-あなたにとって、“家族”とは?」ていうインタビューだった。
ここで自分なりにうまいことを考えてみた。

自分にとって家族とは、携帯電話みたいなもの

普段は当たり前のように持っていて使っていてもそばにあっても
失くしたときのパニック、ショックは測り知れない。

微妙ですね。大事なものは失くしたときに大事さに気づく言いますから。
恋人や友人もその1つ。そういう意味では恋人や友人も家族だね。

家族には「優しさ」だけじゃダメです。でも「優しさ」を与えないととダメです。


 仲間っていいもんやね

 それぞれの道に旅立って

 どんな遠く離れても

 どんなに時がたっても

 過去をたどれば ひとつ

 みんな同じ場所に帰ってくる

 なやみながらも

 明日に向かいながらも

 ただ今日を心から笑って楽しんだ

 あの時にみんな帰ってくる

 思い出は ひとつ

 仲間はずっと仲間

 また今度

 みんなで飲みに行こう

               きむ


さてさて今晩の雨は冷たそうだな。
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-12-27 00:53

文章力

いまや誰もが持っているマイブログ。
パソコンに触れている時は友人のブログをチェックするのが
いつからか当たり前になっている。

自分の文章、友人の文章、見ず知らずの人の文書
一文一文の構成や表現がその人間の個性を表している。

昔の自分の文章を読み返すと、相変わらずの文章の下手さに呆れる時もある
周りには論理的に物事を捉えそれを文章にするのに長けてる人間が多く
そういう人たちの文章には説得力がある

自分にはそんな能力がないし、別に論理的に物事を捉えようとも思わない
しかし、世間一般的には上手い文章に人々は共感し大きな影響を受ける
そんな論理力、文章力に憧れる時があるのは事実

難しい言葉はかっこいいが、そのコトバの真意が受け取る人に
どれだけ伝わるかという点を考えればどうだろう

自分は難しい言葉やかっこいい表現はできないから
抱いた感情、起こった出来事をストレートに単純に書こう

ストレートだけの表現は、それで1つの個性だもの
真っ直ぐだけしか投げれないピッチャーていうのもかっこいい



   あなたに遭えたこと

   あなたと一緒にいたこと

   あなたとの想い出

   僕にとっては一生の宝物

   僕もあなたにとっての

   宝物になれたらね

   年をとったら二人で

   宝物の話をしようよ

                  きむ


なんて素敵な言葉なんでしょう。                    
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-12-21 21:59

世界クラブNo.1選手権

去年から始まったこの大会
サッカー放送が日テレが独占放送しているからか分からないけど
さっぱり盛り上がらない それもそうか

大体出場チームがおかしすぎるとは思わんかね
各大陸のカップ戦の王者6カ国が出場
て時点がおかしいだろ

だってオセアニアのチームには悪いけどアマチュアだよ
本職は違う選手たちがバルサとかインテルナシオナルみたいな名チームと
戦えるのは誰がどう考えてもおかしい

オセアニアやアフリカや韓国のチームが
アーセナルやチェルシーやマンチェスターやサンパウロを超えて
「世界6位」ていうくだらない単純計算なんてサッカーに失礼だよ、本当に
それを堂々と報じる日テレも馬鹿げている

「クラブのワールドカップ」っていうなら枠をもっと増やせよ
欧州はベスト8までの8チーム、南米は上位3チーム
あと日本で開催だからアジアが2、アフリカが1、北中米が1、オセアニアが1
これで16チームで4チームの4グループに分けてやるとかさ

日本でやるのに日本のチームが出ないのはおかしいだろ
来年はレッズがアジアの頂を目指すが大いに期待したい

いつまでやっても毎回欧州対南米だったら
トヨタカップから変えた意味がないよ
金の無駄遣いもはなはだしい

とりあえずようやく今日バルサ対インテルナシオナルていう本当のトヨタカップが開幕
バルサの華麗さと南米の貪欲さの激突が楽しみだ
[PR]
# by yujyujyu03 | 2006-12-17 16:12 | sports