ブログトップ

KY no BLOG

yujyujyu03.exblog.jp

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝まで日本サッカー応援宣言

毎年だったか4年に1度だったかテレビ朝日で放送される
  “朝まで日本サッカー応援宣言”

今年のW杯の惨敗からオシム監督の誕生、Jリーグに関してそうそうたる評論家の方々が
熱く議論を交わしていた。個人的には城、前園、小倉というアトランタトリオがもう解説者として出演していたところに時代の流れを感じた。


-W杯の惨敗

ジーコがもたらしたのは選手に考えさせるということ。
よくジーコが自由でオシムが組織という比較をされるが
本質的には「考える」というのは同じである。
そもそもサッカーは考えるスポーツであり
さらに言えばスポーツはすべて考えるものである。
だから別に考えることが珍しいことではなくジーコの時からも行われていた。

ジーコ時代には「黄金の中盤」をはじめ「国内組」「海外組」という
チームの中でカテゴリー分けするメディアが多かった。
その報道が全て正しいかは分からないが
報道されるということは多少なりとも近い実態があったのは事実

そもそも今回のメンバーは初顔合わせということではなかった
中田英、中村、小野、稲本、高原、柳沢、中澤、宮本、アレックス、福西、小笠原、川口、楢崎
トルシエの時から共にプレーしていたメンバーである。

トルシエの時との違いは精神的支柱となるベテランの存在である。
トルシエの時にはゴン中山、秋田という2本柱がチームを支えていた。
戦力的に見れ当時でもゴンや秋田より上手くて若い選手はたくさんいた。
でも彼らは“戦える”選手であり、それはピッチ上でも、ピッチの外でも。

中田英がブラジル戦の終わったあとに、センターサークルで横たわっていた。
でもその場に選手の誰も声をかけにこなかった。
あれがあのチームの内情を現れだったのかもしれない。

もしあそこに中山や秋田、もしくは三浦カズ
予選も戦った三浦淳、藤田のような存在が1人2人いたら、、、と思ってしまう。

そういう意味では田中誠のケガは痛かった。
3バックの右として不動だったが本職はスイーパーであるため宮本の代わりも務まった。
そして意外にも彼はチームのムードメーカーだったらしい。
しかも中田英とはアトランタからのメンバーてあったため彼の理解者でもあった。

ジーコは確かに選手としては偉大な選手であったが
監督としては経歴のない初心者
それでも「ジーコは神様だから」「ジーコならなんとかしてくれる」
そんなメディアにあおられて日本全体に楽観ムードが流れてしまった。
それでもアジアカップを連覇したり予選を初の1位で通過したり
最低限の結果を残してくれたことは評価できるし意味のある4年間だったと思う。

基本的に監督が誰でも日本代表の活躍を応援している自分
ジーコの時でも応援していたし奇跡的な勝利の瞬間は熱狂していた。
そしてやはりメンバーの技術や経験を見ると史上最強だったため
ジーコの最後の敗戦コメントが「フィジカルで負けた」「ウチにロナウドがいたら勝っていた」
という腑に落ちないコメントで終えたことに虚しさが残った。
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-12-29 13:56 | sports

-あなたにとって、“家族”とは?

今日NEWS23のエンディングで
「-あなたにとって、“家族”とは?」ていうインタビューだった。
ここで自分なりにうまいことを考えてみた。

自分にとって家族とは、携帯電話みたいなもの

普段は当たり前のように持っていて使っていてもそばにあっても
失くしたときのパニック、ショックは測り知れない。

微妙ですね。大事なものは失くしたときに大事さに気づく言いますから。
恋人や友人もその1つ。そういう意味では恋人や友人も家族だね。

家族には「優しさ」だけじゃダメです。でも「優しさ」を与えないととダメです。


 仲間っていいもんやね

 それぞれの道に旅立って

 どんな遠く離れても

 どんなに時がたっても

 過去をたどれば ひとつ

 みんな同じ場所に帰ってくる

 なやみながらも

 明日に向かいながらも

 ただ今日を心から笑って楽しんだ

 あの時にみんな帰ってくる

 思い出は ひとつ

 仲間はずっと仲間

 また今度

 みんなで飲みに行こう

               きむ


さてさて今晩の雨は冷たそうだな。
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-12-27 00:53

文章力

いまや誰もが持っているマイブログ。
パソコンに触れている時は友人のブログをチェックするのが
いつからか当たり前になっている。

自分の文章、友人の文章、見ず知らずの人の文書
一文一文の構成や表現がその人間の個性を表している。

昔の自分の文章を読み返すと、相変わらずの文章の下手さに呆れる時もある
周りには論理的に物事を捉えそれを文章にするのに長けてる人間が多く
そういう人たちの文章には説得力がある

自分にはそんな能力がないし、別に論理的に物事を捉えようとも思わない
しかし、世間一般的には上手い文章に人々は共感し大きな影響を受ける
そんな論理力、文章力に憧れる時があるのは事実

難しい言葉はかっこいいが、そのコトバの真意が受け取る人に
どれだけ伝わるかという点を考えればどうだろう

自分は難しい言葉やかっこいい表現はできないから
抱いた感情、起こった出来事をストレートに単純に書こう

ストレートだけの表現は、それで1つの個性だもの
真っ直ぐだけしか投げれないピッチャーていうのもかっこいい



   あなたに遭えたこと

   あなたと一緒にいたこと

   あなたとの想い出

   僕にとっては一生の宝物

   僕もあなたにとっての

   宝物になれたらね

   年をとったら二人で

   宝物の話をしようよ

                  きむ


なんて素敵な言葉なんでしょう。                    
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-12-21 21:59

世界クラブNo.1選手権

去年から始まったこの大会
サッカー放送が日テレが独占放送しているからか分からないけど
さっぱり盛り上がらない それもそうか

大体出場チームがおかしすぎるとは思わんかね
各大陸のカップ戦の王者6カ国が出場
て時点がおかしいだろ

だってオセアニアのチームには悪いけどアマチュアだよ
本職は違う選手たちがバルサとかインテルナシオナルみたいな名チームと
戦えるのは誰がどう考えてもおかしい

オセアニアやアフリカや韓国のチームが
アーセナルやチェルシーやマンチェスターやサンパウロを超えて
「世界6位」ていうくだらない単純計算なんてサッカーに失礼だよ、本当に
それを堂々と報じる日テレも馬鹿げている

「クラブのワールドカップ」っていうなら枠をもっと増やせよ
欧州はベスト8までの8チーム、南米は上位3チーム
あと日本で開催だからアジアが2、アフリカが1、北中米が1、オセアニアが1
これで16チームで4チームの4グループに分けてやるとかさ

日本でやるのに日本のチームが出ないのはおかしいだろ
来年はレッズがアジアの頂を目指すが大いに期待したい

いつまでやっても毎回欧州対南米だったら
トヨタカップから変えた意味がないよ
金の無駄遣いもはなはだしい

とりあえずようやく今日バルサ対インテルナシオナルていう本当のトヨタカップが開幕
バルサの華麗さと南米の貪欲さの激突が楽しみだ
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-12-17 16:12 | sports

情けない自分

前の日記の決意も虚しく未だ不規則な生活をしてしまう弱い自分。


卒論は一人で勝手に迷走しており完成できるかがものすごく不安である

どうやら結果が出なそうな気配 

その場合、どう発表してどう書き上げるべきか

大失敗の可能性も十分にある

もっと現状調査をきちんとし

仕上げられそうなネタにすれば良かったと後悔の日々


最近は自分の意思の弱さに腹が立つ

やっぱり娯楽や楽しいことに負けてしまう自分が情けない

「やりたいことの前に、やらなきゃいけないこと」

いつも思ってはいるけど、実際そう行動するのは難しいです


こんなんで来年から仕事をきちんとできるんだろうか

なんとなく甘いんだよ、自分に

そんなんだから宅建も落ちたしね



今年はとりあえず良くない年だったな

来年は年男(イノシシ年)と同時に厄年です

なんとなく「±0」の年にしたいです



いつ頃盛岡に帰ろうかな
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-12-14 08:05

休日

卒論の中間発表が終わりこの週末はゆっくりできた。
できたというかゆっくりした。

ゆっくりサッカーを見て映画を見て本を読んで
初めてシンポジウムとやらにも行ってきた。
内容よりも発表形式に目がいった。
発表が終わったばかりだったからかな。
中間発表を通して自分のソフトの使いこなせなさに悲しくなった。
幸いウチの研究室には詳しい方が多いので勉強しようと思う。


つくばセンター行ったらイルミネーションで彩られてた。
もうクリスマス。でもまだ20日くらいあるけど。
日本人は気が早いですから。
今年のクリスマスはまだ予定ないんで何しようかな。

今日からきちんと朝から学校に行くことを決意。
そして夜はしっかり寝る。
この決意を2ヶ月続ければもう学生は終わってしまう。
それも少し寂しいね。。。
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-12-04 04:28