ブログトップ

KY no BLOG

yujyujyu03.exblog.jp

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はかなく散った日本

決勝トーナメント進出をかけた日本対ブラジル戦。結果1対4の完敗。敗因さえ見つからない実力差。でも戦う姿勢は3試合で一番見れたかな。印象的だったのは前半ロスタイムに追いつかれて怒りで興奮気味の川口を最年長の土肥がなだめていたシーン。第3ゴールキーパーという位置付け。紅白戦では人数が足りない時フィールドプレーヤーとして参加。土肥ファンからしたらこの上ない屈辱だけど、土肥自身はそんな形でもチームに多大な貢献をしてきた。そんなベテランの偉大さを垣間見えたシーンに感動した。玉田が決めたゴールからロナウドが同点にするまでの12分間は夢のような時間だった。

世界のトップとの差は歴然だった。すべてが違う。ドリブル、パス、トラップ、シュート。0コンマ何秒の差が大きな差になる。例えば、パス。日本の売りはパスワークなのにミスばかり。ブラジルだってパスミスはあるけど、決定的なミスは明らかに少ない。良い形でボールを持ってカウンターチャンスにミス。中盤だけの責任ではない。チーム全体のパスの質が低い。

そして一番感じたのは「緩急」ブラジルは決して速いチームじゃない。スピードは確かに日本の方があるかもしれない。日本が後半に足が止まるのは試合の中で緩急がないから。ボールを取ったら、とにかく前へ速攻(結果焦ってパスミス)。常に一定のペースで走りっぱなし。ブラジルはスピードの緩急が明らか。何本かゆったりパスを回して体力蓄えて、ここぞという時にスピードアップしてくる。そのスピードアップによって攻撃がより速く見える。変化球を投げ続けて急に真っ直ぐを投げると、球速は大したことなくても速い球に感じる。そのギャップがブラジルの攻撃を効果的にしてる。

ジーコが戦犯にされるのは前言った通り代表監督の義務。歴代の代表監督は日本のサッカーの歴史でもあり戦犯と言われても日本サッカーの功労者である。そういう意味でジーコも十分功労者。何より「主体性」というサッカーの醍醐味を尊重してくれた手腕は新たな開拓だった。しかし結果が出なかった。まだ日本はジーコの求めるレベルではなかった。まだまだ戦術で組織で世界に対抗していくレベルなんだと思う。だからと言ってジーコが的はずれだったわけではない。必ず何年後に今回のジーコの教えが活きてくる時が来るはず。

ブラジル戦の前のブラジル選手は、口を揃えて「ジーコが」「ジーコは」と言っていた。ブラジルはジーコにしか警戒してないように思えた。試合前から完全に見下されていたのではと思う。監督は選手時代のブランドではできない。次の監督は誰になるのか、協会にはしっかりとした人選をしてもらいたい。

あとは若手の育成。他国は18~22歳でレギュラーの選手がいっぱいいる。日本は一番若いのが駒野で24歳。ここを転機に若手を育てないと世代交代に失敗する。いつまでも中田英寿、中村俊輔、黄金世代に頼っていてはいけない。

日本サッカーは今が正念場。日本が負けたからワールドカップはもう見ないと言わず、ハイレベルな決勝トーナメントを見て世界はすごいと感じてほしい。

とりあえず今はオーストラリアと韓国に頑張ってもらってアジア枠を維持してもらわねば。

お疲れ、ジーコジャパン。
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-06-23 16:53

キーパーソン

とうとう明日はクロアチア戦。
個人的に明日のキーパソンはこいつらだ!!

・小笠原満男
 なんてたってW杯初スタメンだ。
 前回大会は5分くらいしか出れなかったし。
 あとは同郷って期待も込めて。
 やっぱ中村、中田はガリガリ削られる予想が高い。
 だからこそマークのゆるい小笠原が決定機を作らなきゃいけない。
 魅力は今求められる貪欲なシュート。ガンガン撃っちゃえ!!
 後半に小笠原が厳しくなれば逆に中村、中田が生きるしね。
 あ~やべぇ。勝てそう。

・加地亮
 ようやく捻挫が治ったよ。よかったよかった。
 中田が言ってたよね「走らなきゃ始まらない」
 「走る=加地」でしょ!
 90分右サイド走りっぱなしだから。
 ハンパない体力。マジ尊敬。
 もう迷わずガンガン仕掛ければいいんだよ。
 センタリングはいつものフワッとは厳しいから。
 ニアに早いボール、意表ついたゴロとか効くのでは!?
 そして意外性のある強力なシュート頼む!!

・宮本恒靖
 ココだよ、ココ。176cmの小柄でドデカイFWとの1対1。
 DF出身からするとね、体格差は確かにきつい。
 色んなところで不利があるのは事実。
 でも常に体で止めるだけがDFじゃないのよ。 
 頭をすごく使う「読み」ってやつ。
 この点で勝負するべし。
 実際shun-footsalarさんは160cm台の体で
 185cmとかのFWを何度も封じてきたぜ!
 ツネさまは同志社大卒業。
 英語はペラペラ、仏語も多少話せる。
 学歴なら出場選手1なのでは?
 がんばれ、ツネ様!ここ、正念場!!


さんまさん、日テレとフジ、どっちにも出てるよぉ、すげぇな。

  
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-06-17 21:42

「誰が悪い?」「いや、みんな悪い」

まぁサッカー馬鹿のオレだから当然ワールドカップの話。
豪州戦後、マジ激論だったからね。お互いの意見のぶつけ合い。
価値観の違いだから、言ってもしょうがないけどね。
でもお互いの意外な性格も分かる新発見もあるし。
人間っていうのはヒトの考えを自分の考えで変えたいって思う生き物だから、
みんな一歩もひかない。「折れたら負け」的な雰囲気。

じゃあこっからオレの言いたいこと言わせてもらおうかな。

「サッカーは点取らなきゃ勝てん」
中村の疑惑のゴールのみ。決定機は福西と柳沢、高原一回ずつくらいか。
シュートまで行かないし、打てる時に打たない、打っても中途半端なシュート。
他の試合を見てて、何が違うのかってシュート力とかあるかもしれないけど、
やっぱゴールに向かう姿勢、気持ちが違う。「闘志」っていうのかな。
その世界を知っている中田でさえシュートをなかなか打たなかった(厳しいマークにあってたのは事実だけど、、、)でも中田が人一倍選手と自分の意見をぶつけてきたのは、自分の経験をぶつけることで他の選手に伝えたかったからだと思う。あんだけシュート練習してた中田の姿を見てるはずだしその中田がマークされてるってことは、「ヒデさんがマークされてる。てことはオレが上がってシュートを打たなきゃ」ていう意識を高めてもらいたいんだよ。

そもそもこの話は日本人の性格にまで広がっちゃうけど、日本人は自分が主役になろうとしない。点取るよりもいいアシストをすることに喜びを感じる人が多いんじゃない?実際フットサルではオレもそうだしね。
でもやっぱ打たなきゃ!3失点されても4点取ってれば勝てるんだよ。サッカーは他のスポーツと違って1点の重さが格別だし、その1点が試合の流れに与える影響力もハンパじゃない。
世界との差はやっぱその点取るっていう気持ちなのかなって思う。


「1人が戦犯ではない。チーム全体が悪い。」
よく聞くのはジーコ、駒野、川口とか。確かに彼らは決定的なミスを犯したかもしれない。
ジーコは采配がよく分からないし、駒野は3失点目のDFの仕方をミスった。川口はロングスローに飛び出して触れずゴールを空けてしまった。
でもさ、全員悪いよ、多分。全員叩かれるべき。出た選手の悪いとこはみんなあるぜ。
例えば高原、何でドイツ戦みたいな積極的にシュート打たないの?
柳沢、点取るって言ってたのに何でパスする?
中村、ここでパスミスとかされるとチームが乗らない。
言ってったらキリないよ。だからチーム全体の責任。1人が戦犯になる試合はよっぽど。例えばW杯かかった試合で決めればW杯決定のPKを外すとかね。メディアは話題づくりでジーコを集中砲火するけど、それはメディアの仕事だし批判を受けるのも代表監督の仕事と責任。

プロは結果だからね、結果が全て。頑張ってたとは思うよ。でもそんなのは当たり前中の当たり前。そんなレベルの話じゃない。頑張った上に死に物狂いになって勝利をつかむ。そういうレベルだからこそ日本の何百万人、何千万人が熱狂する魅力があるんだよ。頑張ったからいいじゃんなんていうのは可笑しいと思うな。だから川口が頑張ってたけどやっぱミスったから叩かれるべき。他のキーパーならいっぱい取られた?もしかしたら0失点だったかもよ。
本当に日本が強くなりたいなら、厳しいファンが増えなきゃいけないと思う。この前の試合なんかブーイングしていい試合だと思う。ファンが厳しいこと言って選手が傷ついて調子落とすとか思うか?厳しいこと言うファンと、「頑張れ。次々」て励ますファンが同数くらいなることを望みたい。どんなファンでも「応援している」ということ意味では気持ちは一緒さ。


やばいやばい、書いてったら止まらないわぁ。
とりあえずクロアチア戦、勝つべし!遠めから打つ姿勢を見たい。
ブラジル戦、勝つべし!歴史変えてみてもいいんでは?今の日本代表がMAX調子が良い時は、どことでも互角に戦える力があると信じてる。
どうせ当日になったらみんな「勝ち」を信じて応援するんでしょう?
だったら今からこっから2連勝を願おうじゃないか!!
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-06-16 06:11

いい酒

おとといはゆーすけとMすたの引越し。
おそらくつくば内での引越しは最後だろうなぁ。
だから思いっきり手伝ったぜぃ!無事終わって何よりですた。

夜9時からお疲れさん飲み会。
今日はみんな自転車or徒歩で飲む気満々。
一次会はくだらない話でゲラゲラ笑いっぱなし。
Mすたは早くも血豆に、そして終盤トイレに。
いじり合い、いじられ合い、、、笑いすぎて腹筋鍛えた。

二次会は打って変わってDEEPな話も。
オレが「普段言えないこと言っちゃいましょう、乾杯!!」
なんて言っちゃったもんだから。
バイト、将来、恋愛、人間関係、フットサル、噂話、、、
そして泣き出すやつ、鼻血出すやつ、寝るやつ、褒めまくるやつ
みんな色々考えてるんだなぁ。そしてお互いをよく見てる。

その後家に来てドイツ戦を見た!その模様はmixiで。

今度は飲み放題がいいなぁ。せっかくご近所に引越してきたわけだし。
nakunaiは頑張っておいで。
こんな楽しい日々とバカな連中を大事にしていこうと思ふ。
[PR]
by yujyujyu03 | 2006-06-01 05:38